So-net無料ブログ作成

「高橋悠治 コレクション1970年代」 平凡社ライブラリー [読書]

先日、C.クライバーが亡くなったという新聞記事で見ましたが、二人共とても好きな音楽家です(対照的なのですが)。

今回は高橋悠治のことを書きます。
この本が書かれた頃、私は音楽に夢中になって、いろいろな曲を聴いたり演奏したりしていたのですが、その内、音楽関係の評論や解説も読むようになりました。

音楽の専門家は技術論を、評論家は精神論を書くことに徐々に違和感を持ち始めた時、この本にも入っている「小林秀雄『モオツァルト』読書ノート」を読んで共感しました。

本の第三章は「音楽」を作曲、演奏論から抵抗運動として提唱している。優れた文学者が、必ずしも正しく音楽を評論していないと批判した人が、同じような轍を踏むことにならなければと、やや危惧します。
余談ですが、彼のサティーとバッハのピアノ演奏は大好きです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。